Italiano | Deutsch | Français | Român | Nederlands | Русский | 한국어 | 中文 | 日本語 | ภาษาไทย | Việt

Madison Morrison's Web / Topics
Japanese Indonesia / 日本のインドネシア

日本のインドネシア

出典 “Japanese Indonesia” (日本語への翻訳のためのパラグラフ)

Indonesian women

ある家で、私は老婦人が自分の床にひざまずいて巨大な刺繍の作品に取り組んでいる姿を見えることが出来ました。男性は労働者として、少数の女性は “慰め” を提供するために日本人に引き抜かれました。我々は20号線に沿って歩いていました。それは中世の東京の5本幹線道路の一 つ、甲州街道の道筋をたどります。プラムディヤは “元従軍慰安婦” の一人の運命を“慰安婦”の悲運を思い出します。我々は日本橋まで50 kmを示している道路標識を通過しました—伝統的にすべての距離を計る東京にある橋です。彼はアンボン近く、人里離れたブルの東の島に監禁された間に、道に沿って、両側に銀杏の木が並んでいて、そして歩道にたくさんの落ち葉がたまっています。

 

仲間の囚人は畑で働いていた。鈴木さんは荒いけれどもまるで俳句のように「銀杏の葉、黄金の山の如し」と発表しました。高地ジャワ語で彼と話したときにこの男性が中年の女性と偶然出会った。我々の回りに、この都会は今もなお穏やかなヒューマンスケール:小さな職人の店で夜遅くまで、豆腐を作っている男性。彼女は中部ジャワの“ウォノギリの副村長の娘”でした。(「非常に難しい仕事、マーセルさん。スーパーマーケットとの競合が難しいです。」)1943年に占領軍は、彼女が教育を受けることを約束するわけで、14歳の彼女はジャワから追い払われました。女の人がカブ塩漬けとさまざまな和菓子を売っている店。

 

アンボンから出航した後、セラムの離島に着きました。彼女が他の若い女性と一緒に寮にいるのに気づきました。節分を合わせて茶道用の濃い緑茶と一緒に出される豆お菓子を売っています。彼女たちの本当の任務が始まった:“彼女たちは日本の将校の性の玩具”になりました”。しかし、徐々に、我々の回りに都会がより高く、より濃くなり始めました。戦後、彼女は故郷へ帰ることにしようとしましたが、ブル島で帰るのを断念になり、彼女はもう30年間そこに滞在しました。八王子では、道の陸橋は都会の起点となるしるしのようなものを見えました。女性はオランダの囚人と一緒に、兵舎の売春宿で働くためにアジア各地から連れていかれました。

 

突然に、我々はトミー・リー・ジョーンズの絵でおおわれ、ホットとコールドのインスタント缶コーヒーを販売している自動販売機に囲まれました。例えばブルの女性など、いくつかは卑劣な手段で徴集されて、ほとんどの彼女たちがレイプされ、虐待されました。“これを抑える条例はない”と鈴木さんは言いました。どのくらいのインドネシア人がこのような苦しみに陥った統計資料はありません。“アメリカ人はここでトミー・リー・ジョーンズを見つけることが非常におかしいと思います。”しかし日本帝国の至る所で“慰安婦”が何万人もいました。“あなたは彼がアル・ゴア氏とハーバードに行ったことを知っています。”彼女たちが帰ったら、多くの人々は自分の恥経験のせいで地元の社会に軽蔑されている痛みを負って人生を送らなければなりませんでいた。

 

鈴木さんと私は八王子で別れました。彼は、携帯電話の歩数計機能を設定していました。「今までで私は一番遠く歩きました。マーセルさん。13キロメートル!」私は彼が行くのを見て悲しかった。散策と時差ぼけで疲れきたので、私は午後9時に寝入りました。夜の間に何回か、私の電話は自宅からあやふやな通話で鳴りました:子供はクリスマス劇でしゃべりの小妖精を演じるとか、何か私の義母に関することとか。私の時差ぼけは、ロスト・イン・トランスレーションより似ていないが時空刑事より似ていると感じました。翌日の朝は湿って寒く曇った天気でした。私は銀杏の並木を並べている20号線に沿って浅川を渡りました。私の息はプッと吹くと煙が出てきます。オランダの“平和と秩序”の支配下にあって、インドネシアは受動的なわけでした。

 

次の二日間、私は着替え用服をバックパックに入れて、日本語のチューター・テープを聴きながら、小雨の中に灰色の東京郊外に向かって歩き渡りました。私はサインランゲージとごくわずかな日本語を使って立食いの店で昼食と夕食を注文しました。私はトミー・リー・ジョーンズを頼ってコーヒーとお茶を頼みました。私は神秘的で遠い世界に没頭していることを興奮する感覚がありました。夜の間に、私はリチャード・ロイド・ペリーの暗闇を食べる人々を読んだが、彼が日本にいる間に興奮することの記述は私に改善できませんでした。一方、日本人は戦争遂行のために全人口を動員した。日本人とインドネシア人とを結びつけるために、スカルノ氏は、スカルノ氏は日本人によって出世しました。

 

“毎朝、彼女に驚きを与え—深遠な違いの突然自覚。それは不慣れな光の角度とか或いは夏の空気にある音域とかのような不馴染みなものでしょうか?それとも道とか車とか電車とかにいる人々の表情—地味だが断固とした、きちんとした、丁寧で、無口で、ただし熱心だったのですか?もしかして秘密勤務を勤めているでしょうか?” :もし“偉大なるインドネシア”を歌うこと、独立運動の赤と白の旗を掲げりこと、集会を開催することを激励されないならば、簡単に合法的になるわけではあいません。独立軍当局は、インドネシア人にあまりにも多くの許諾を与えることを警戒していたが、彼らは彼らだけの力で自分の地位を維持することができなかったことを認識しました。

 

最も陰鬱と平凡でさえ、都会には何か驚くべきものがあります。それは明らかに両方とも変な欠乏— ゴミ、明白な対立、落書き、雑音 —そして、外科用マスクを着用している人々、不可解な看板、私のそばに歩道にいる落ち着いたサイクリスト、生徒たちのプロシアのユニフォームを着用する男子生徒たちです。スカルノ氏は地方へ旅をし、国家主義のメッセージでスピーチをするのを承諾し、長い間、彼はインドネシアを支えることが戦争を支援する方法であることを明らかにしました。誰も私に挨拶しない、話をしようとしない、だまし取りしないでした。日本語もしゃべれなく、さらに大きなバックパックを持って霧雨を通してやって来る外人(文字通り、外国の人間)がいるのはごく自然なようでした。

 

彼の仕事は強制労働の徴集に巻き込みました。時折、私は自分の考えがあり—確信、不正確に—わびさびの瞬間などがあります。他のインドネシアの政治家はavaの主導的な役割に召集され、そこの“諮問機関”では国家主義者と摂政役者が入り混じていました。私は柿の果樹園に囲まれた小さな寺院或いはタイル張りの家を見ました。インドネシア人は自分の政治組織を持つことが許されなかった。私は重機の音が反響している産業の格納庫を数マイル通り過ぎて、そして、今なお人の記憶に残っている広々とした野原であった住宅地を通りました。しかし、彼らは日本人の後援団体への参加を許されました。

 

徐々に、私は都会が盛衰する歩みをよくわかるようになりました。プラウデアは日本のプロパガンダマシンを介して政治や行政の世界を垣間見ることになりました。郊外と運輸システムをつながる駅の周辺に、ホテル、摩天楼と大きいデパートが集まっていました。彼は地方ジャカルタへ移住する250,000インドネシア人に入りました。いくつかのところはミニチュア東京でした:高層ビル、ネオン看板—立川市の郊外に自分の風俗街を持っていた、そこは高層建物の上階にホステス・バーとかカラオケ・クラブとかを収容しました。そこで彼は速記員と調査員として日本の通信社の仕事を見つけました。

 

しかし、半マイルより遠くのところに、建物は再び縮小になり、そして、景色は一転して2階建ての郊外住宅にります。アーティスト、伝統演劇の芸能人、作家及びイデオローグは戦争遂行、脚本の作成、映画や新聞記事のために徴集されました。現代の東京は20世紀に入ってから2つの大変動で出来た生成物であり:1923の地震と第二次世界大戦。破壊は計画者に感傷なく、効率的かつ力強い自由に設計できる手を与えました。何をするべきか、何をしではいけないのか、日本人ははっきりと分かっていて、これらの活動を監督しました。しかし、より古い日本の名残が少し見えます。私は当てもなく微妙な侘び寂びの欠陥を探しました。

 

時には、都会化は厳しいように見えました。私はコンクリート製ではない物を見た時にはいつでも写真を撮る衝動を駆り立てました。私の三日目に、ちょうど私はナスを植えている小区画の土地に向かって私のカメラを持ち上げる時に、私は変な認識があった:私は日本の観光客になりました。その昼食時、私は東京学芸大学キャンパスの反対側に、少なくとも70代、おそらくより10年老いの夫婦が経営している小さな食堂を見つけました。私の頭は入口の低い棒をぶつけました。中には六つのテーブルと親しげに彼の麺をズルズル食べているもう一人の客がいました。その確実性は石油ストーブからの蒸気とテレビで上演している日本のクイズ番組により増強されました。

 

たとえば、映画では“プチブルジョアキャラクターの物語とか、個人だけの幸せを描くこととか、女性の喫煙シーンとか、カフェのシーンとか. . .及び軽薄で軽率な行為”など西洋の価値観を再現することを厳禁されました。私はメニューの写真を指さして、テープから学んだ語句を使用して注文しました:Kore okudasai—これをくださいむしろ映画は愛国心を激励するべきであり、“日本人の価値観、例えば自己犠牲、母性愛. . . 女性の謙遜と忠誠”及び生産量を増やすために労働倫理の強調でありました。高齢料理人がキッチンで鍋をガタガタ揺らす時、私はクイズ番組をじっと見ていました。

 

間もなく、彼の高齢助手は漆塗りのトレイで天ぷら、そば、漬物と一つの温州ミカンをゆっくりと持ってきました。日本のプロパガンダは新時代を宣言しました。人口が多く、健康に見える活発な高齢者は、もう一つ日本にあるささいな奇妙さです。日本の平均余命は非常に高いです。しかし、国民がより長い人生を送くるのに対して、誕生の人数がどんどん少なくなっていきます。この国は、実際に1年ごとおよそ100万人の割合で減少していました。新しい時代には、女性は女性らしさを維持しながら、同時に人口動員の一環として期待されました。政府は国の人口が2060年までに三分の一を減少するだろうと予測しました。

 

崩壊している見通し、老齢人口は彼らの生活水準とそのインフラを維持するため、ディストピア小説の映像のように四苦八苦している状況が続いています。日本人が真剣に何かを考えなければいけません。彼女たちは団体に徴集されて、そこでズボンを穿いて、ワヤン劇に男のような格好で戦役を勝つヒロインにちなんで名付けられ、本格的な軍事訓練さえ受けさせました。私がここで三日目の散策を過ごした吉祥寺は、東京からわずか15キロメートル離れたところで、都会にて最もナウいと魅力的な郊外と考えられます。そこは東京のウィリアムズバーグまたはノッティングヒルです。そこは小さなバーや古着店があり、そして、朝私は出発した何よりも美しい井の頭公園があります。

 

私は神田川の川筋をたどってはるばると都会に入りました。とりわけ日本の新時代は軍事的価値観を推進しました。これは今まで一番すばらしい散策でした。太陽は輝いていたし、モミジと銀杏の赤色と金色は光の当たった所で、そして、川には大きな太った鯉がいっぱいいました。川の両側に住宅がありました。日本人は最も近代的な技術を持っていましたが、自分自身が現れたのは武士の古い伝統でした。私の最終目的地からわずか数時間、私はすでに穏やかさと静けさを見つけたように感じました。ここから、私は新宿の高層ビルの近くにある東京の行政の中心地にいて、完全に都会に入りました。インドネシア人は武士道の訓練を受けました。

 

 数日落ち着いた散策した後、私はまた都会衝撃の覚悟ができていない:それは上品で黒スーツを着ている人々、それはネオンがそびえ立っている断層崖です。東京はマンハッタンのように意志と活力をもっていますが、規模はさらにより大きいであろう。私は秋葉原でブレードランナーの世界をじろじろ見つめて、そして、不気味なメイド・カフェに入りました。中には一式の子供たちのテレビ番組のように色が明るく、中性化しているウェイトレスはフランスのメイド服をきていて、気取ったキーキー声で話します。築地、東京にある最も畏怖の念を起こさせる魚市場で、私は寿司を食べながら食材に舌を巻いた:人間の体と同じぐらいの大きさと形のマグロ、あらゆる種類の甲殻類、双殻類、軟体動物及び無脊椎動物、それらはすべてこのシーフード狂い国の食材になります。

 

中世に5本道路が交わる日本橋で私は散策を終わりました。この橋は1911年に建設され、現代の東京とほぼ一緒のようです。しかし、過去{かこ}の思い出を無視し、冷酷な都会の姿は橋のきれいな造形をコンクリートの高架道路の枠で囲まれているkことから明らかになります。都会にいるならばエネルギーを与え、夢中{むちゅう}にさせるようになり、しかし、私は以前の古い感じ、より時間に限定されない日本を見逃しました。その後、私は泊まっていたホテルの30階から、私は疲れた足を休ませながら、この豊かな都会を越えて高尾山の緑色の丘を回顧しました。高尾山の後ろに富士山が浮かび上がっていました。1945年8月に連合軍が都会を滅す巨大な爆弾を投下したことをニュースで披露されましたが、日本人は彼らの降伏を認めることに消極的でありました。