Italiano | Deutsch | Français | Român | Nederlands | Русский | 한국어 | 中文 | 日本語 | ภาษาไทย | Việt

Madison Morrison's Web / Sentence of the Gods / The Sentence and Other Epics / 文とその他の叙事詩

文とその他の叙事詩

この叙事詩はジャンルとして可変であり、他のジャンルさえ様々な他の形態が含まれています。歌詞や小説は未知ではありません;歴史、哲学と科学も同じように。英雄を描いた大河小説は人類発生論や神統記や宇宙構造論よりも優先されていません。総合的に見て、叙事詩は他の文学の様態より本質的に原始的で、或いは洗練されていません。それはドラマと同じくらい、人間の経験が含まれており、ドラマとは違って、神の領域と自然界を変化させるのに効果的であります。

文体というそのものは上品態、下品態または中間態の可能性があるし、そして、それをいくつかの言語使用域をミックスしているかもしれません。それは壮大さに向かって、ともかくも、神の顕現、神学理論、寓意{ぐうい}詩の傾向が強いです。ホメロスは数多の西洋パラダイムと他のパラダイムの中で唯一のものです。いくつかは挑戦しましたが、どれも彼より優れていませんでした。本当に、ウェルギリウスは彼を超えると言え、さらに、オウィディウスはウェルギリウスを超えます。これらの詩人はダンテ、アリオスト及びタッソにもかかわらず、優れた三つの独特なタイプと見なされます。それは他のすべてが含まれている任意の叙事詩には望ましくありません。文は意図的にその所属を制限します。

その所属はホメロスであることが明確されています(イリアス第二歌の1、オデッセイ第二歌の2)。ウェルギリウスが広めました(彼の牧歌のリニューアルの2、彼の農耕詩のディバイン2∙3及び終章、彼のアエネイスのディバインの1と“カルタゴ”( 第二歌の3彼の最期の日々をを述べます)。オウィディウスは紫式部と同時にThisと言うタイトルを付ける本を共有しました。ダンテはディバインのためのハイパーテキスト(その煉獄と楽園もタッソとアリオストを模倣しています)。ミルトンは聖書のエブリとクラシカルセカンドに黙示的{もくし てき}な表現をしました。

ハプニングに、私の“インドの叙事詩、”私はラーマーヤナ梗概を作り上げました;マハーバーラタの終わりのページからと同様に書き加えました。リアライゼイションIIIに私はバガヴァッド・ギーターを混ぜ合わせました(Iの中に、ウパニシャッドを選んで、IIの中に、法句経から選びました)。カーライルのフランス革命革命を引用しました。私の叙事詩のように、アレスの初めに風刺に移行しました。ヘシオドスの神統記はHerにかかわていて、アンコールワットのクメール神義論に匹敵することができます。おそらくコミック叙事詩、リニューアルの1、アレクサンドリアを模倣しています。

私はの中に入れたいくつかの叙事詩を称賛したが、入れていなっかたいくつかの叙事詩(例えば聖書)を称賛しませんでした。ギルガメッシュを比較のために入れたが、少数の中世ヨーロッパのロマンスも入れました。ハーバード大学で私は古英語でベオウルフの文体の素晴らしさを、エールでは中世英語でチョーサーのカンタベリー物語と彼のトロイラスとクレシダを楽しみにしていました。私はギリシア語でホメロスでもなく、ヘシオドスでもない、梵語でヴィヤーサでもなく、ヴァールミーキでもない、またたくさんのそれらのオリジナルのバージョンを読んだことがあります。

優れた翻訳と論評の時期に、ミルトンがしたように私の時間を費やしています。たくさんの言語を身につけるために私は大きなプロジェクトから自分自身をそらしました。それは私は他に多くのことについて勉強をしなければならないわけです。私は世界史の叙事詩にちょっとかじって、そして、象形文字、コプト語やアラビア語を勉強せずに世界で最も偉大な文明のエジプト語を入り込みました。私は模倣の主な目的は写真製法の表現のように集中してとにかくいつも実在の叙事詩であります。